税理士が行える仕事についてご存知でしょうか。税理士とあまり関わることのない人にとっては、税理士や司法書士の違いも分からない方がほとんどだと思います。税理士とは、名前から想像できるように、税金と会計についてのスペシャリストになります。事務所に属していたり、企業に属しながら、個人や企業といった納税義務のある人々の為に、あらゆる税金の分野でのサポート業務を行っています。

具体的に税理士ができる業務内容とは、納税者の代理で確定申告や税務調査に立ち会う税務代理、確定申告の書類作成を行う税務書類の作成、加えて、納税者の税金対策に関するアドバイスや提案をする税務相談については、税理士の資格を持った者にしかできない独占業務となります

税金や会計について専門家となるべく資格を持つ為には、沢山の難関試験を突破する必要がありますので、税金に関しては安心して任せることができるのがメリットです。上述した業務以外では、会社設立の際のサポート業務も税理士の大切な業務の一つです。会社立ち上げに際して複雑かつ困難な書類作成や手続きがあります。不備がある度に再度作成、提出等が必要になりますので、自身でするには非効率的であり、ここは経験と知識を多くもつ、税理士に依頼することが得策ですのでお勧めです。

会社を計画どおりの日程で立ち上げる為には、スペシャリストに任せるところは任せて、自身でするべき作業に集中することで、スムーズな会社設立を目指しましょう。