具体的な会社代行業務について、まずは会社設立の準備段階において、設立項目の決定や印鑑の作成があり、定款の作成と認証を受ける為の認証手続き、その後、登記書類の作成、資本金の払込、各種申請書の作成業務の流れになります。そして会社設立の登記申請を行い、登記簿謄本の取得となります。他にも銀行口座の開設、税務署への届け出を経て、晴れて設立となり、会社の運営が開始することになります

このように書き出してみると、手続きを自身でするには無理があると感じる方も多く、設立の企画段階から税理士に相談されるケースも多くあります。計画通りに会社を立ち上げたいという方は、立ち上げに必要な諸手続きに関して税理士に任せることで自身は他にするべきことに集中することができます。

面倒で時間のかかる専門的な手続きについては、その道のスペシャリストに依頼することで効率良く手続きができますので、大変お勧めです。

また、初期段階から相談されることで、会社が設立した後でも、税金に関するアドバイスを受けることができますので、頼れる存在としても助かります。会社側がすることは、会社名を決定したり、事業目的を考える等、要となる部分だけに特化して考えることができます。ちなみに、税理士法人アディーレ会計事務所では、セカンドオピニオンというサービスも行っています。セカンドオピニオンとは、第三者の目線で意見、または意見を求める行為のことです。

企業の税務・会計の世界でも“セカンドオピニオン”が求められています。税務・会計の“セカンドオピニオン”とは、現在の顧問税理士とは別の税理士からのアドバイスを受けられるサービスです。

会社設立をする上で、確実に求める会社を設立することができるでしょう。こちらも参考にしてみてはいかがでしょうか。